テーマ:平成19年 地車紹介

地車紹介「和田」

 24日の久世地区の試験曳きの際念願だった和田の地車を見ることができました。     和田に付いていくと、町内方面に向かい、もしや休憩かと期待していたら       案の定、休憩に入りました。しかも、脇道に地車を入れての休憩だったので       絶好のチャンス。         あいにくの雨模様、交差旗・幟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介「阪本町」

 今回は、阪本町の紹介です。 * 昭和24年(1949)新調。大工:田端元一 彫師:松田正幸            本年で、58年目。        正面・右面土呂幕は、舜次郎師の作品。見送りも半数以上が舜次郎師          の作品だとか。      平成13年に大下工務店にて大修理。屋根・台木を新調   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地車紹介「春木町」

 今回は、和泉春木町の紹介です。 * 昭和10年新調(1935) 大工:絹井楠次郎、彫師:木下舜次郎・(石田利郎)      新調後、72年が経過しています。      松尾連合では、南松尾地区に当たる。昭和後期一時、南松尾地区では        春木町1台だけしか無く、北も合わせると3台しか無かった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

地車紹介「小阪」

 本日は、小阪町の紹介です。  地名では小阪だが、町名旗には「町」が入っている。    久世地区には「町」を冠しない傾向がある為、一律「小阪」で統一する場合が多いかと。   (和田は、町名旗に「町」。平井は、番号持ち・縁隅木に「町」が入っています。)   * 昭和55年(1980)新調。大工:池内福治郎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地車紹介「野堂南」

   平成15年(2003)6月1日新調入魂式      大工:大下孝治  彫師:木下彫刻工芸 「形式」    大屋根鬼板は、飾目。    屋根は切妻    小屋根扇垂木    大屋根小屋根三方は、枡合形式    四本柱は、角柱    三枚板形式 (摺り出し鼻は無い)    土呂幕は、四面一枚板形式…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地車紹介「磯之上町」 (改訂版)

 本日は、磯之上町の紹介です。以前の記事の加筆・修正しています。  「経緯」      平成3年(1991)11月17日先代地車昇魂式 第4代地車   平成6年(1994)5月15日新調入魂式    大工:大下孝治    彫師:木下賢治   平成15年5月18日(2003)大修理入魂式 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介番外編「泉大津森町」

 本日は、曽根地区森町の紹介です。        平成11年(1999)9月19日購入入魂式。       本年で、新調80年目を迎えます。      昭和2年新調。春木大小路町から購入。新調元は鶴原新家。          大工:絹井楠次郎 / 彫師:玉井行陽・金山源兵衛           ・かつての村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介「深井北町」

 今回は、深井北町の紹介です。    昭和62年(1987)9月19日新調入魂式。       大工:植山良雄  彫師:筒井一門       * かつては、北村・北深井と呼ばれていました。       昭和62年地車としては、17年ぶりに復活を遂げる。           以前の地車は昭和40年代に廃絶し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介番外編「鶴原町」・「朝代」

 今回は、鶴原町と朝代の紹介です。 ・ 鶴原町の地車は、大正10年頃製作。      本年で、新調85年目を迎えます。  「所以」    往古は貝田が本村であったが、後に海側へ移り、鶴原村と改称。      字地として、貝田・新家・布などがある。      布は、野々とも呼ばれ、現在の鶴原東町に当たる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介「匠」

 本日は、高石市匠の地車紹介です。 <変遷>   平成6年(1994)9月25日新調入魂式   平成9年(1997)9月23日完成新調入魂式     大工:植山良雄  彫師:森 西鶴(桑名)                             森西鶴氏の出世地車         今年で、新調10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介「尾生町」

 5月27日修理に伴う入魂式が行なわれます。  * 新調年:平成12年(2000)年7月23日新調入魂式        大工:天野行雄 彫師:木下彫刻工芸     70年間曳行してきた地車と惜別し、南掃守では平成地車一番乗り。     * 所以       かつて、村内は上下に分かれ、下尾生と呼ばれてたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介「寺田町」

 今週末、寺田町の入魂式が行なわれます。 *地車紹介      平成七年(1995)九月十七日新調入魂式         大工:大下孝治、彫師:松本幸規。松本幸規氏の代表作。      先代は上地車であったが、昭和26年頃より曳行休止。         平成7年、約40年ぶりに地車復活。 * 所以     …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

地車紹介「濱寺元町」

 5月20日、浜寺公園にて「第30回浜寺ローズカーニバル」のイベントの一環で    地元、元町の地車が展示されます。        9時半開会式。その後、時間帯で、各種イベントがあります。      地車紹介があるのは、10時45分~    当日は、16時まで展示されるそうです。      曳行はありません。鳴物あり。正…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

地車紹介特別編「嘉祥寺」

 長滝三番館さんのHPで、嘉祥寺の彫物紹介が始まりました。 ◇ 嘉祥寺の地車は、新調後75年目。     今年大下工務店にて大修理との噂がありましたが、どうやら延期っぽいですね。     大下さんも結構忙しいようなので、来年以降になるのでは? * 昨年の祭礼宵宮の際の物損で屋根を割ったようで、屋根廻りの損傷が目に留まり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介番外編「北垣外」

 来週、2月12日(祝・月)、午後13時より北垣外の抜魂式が行なわれます。   昇魂式と言っても過言ではないでしょう。かねから噂されていた完全な下地車へ改修されます。 ◇ 北垣外 昭和62年新調 大工:笠谷忠一 彫師:井尻翠雲門下の若手     地車としては約20年ぶりの復活。昭和62年(1987)9月23日新調入魂式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介番外編「菱木南」

 2月11日に、菱木南の地車が修理の為搬出されます。工務店は隆匠。    今回の修理に伴い枡組を追加するとか。    尚、当日は11時からで、福泉小学校前まで曳行し、搬出。 ◇ 菱木南  平成4年新調 大工:天野工務店 彫師:栗田剛(名古屋)                    平成4年(1992)10月1日新調入魂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地車紹介番外編「北新町」

 昨日、2月4日、北新町が修理により搬出されてました。    今回は1千万近くの大修理をする予定で、彫物も手直しされるとか。 ◇ 北新町 平成六年新調 大工:天野行雄 彫師:松並義孝(井波)          新調時の町名は「五賛会」。平成6(1994)年9月25日新調入魂式。鳥襖は獅噛。      彫師の松並氏は責任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介番外編「片蔵」

 先日、片蔵が、現大北町地車を購入することが自治会として正式に決まった模様。    数年前から噂されていましたが、ついに現実となりました。   5年後の平成24年には、上神谷地区に新たに1台下地車が増えることになります。 ◇ 片蔵:平成3年新調 大工:池内幸一 彫師:野原湛水・川原和夫      9月1日新調入魂式。幸一氏上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介特別編 「馬場」

 本日は、草部馬場町の紹介です。  ◇ 草部馬場:平成十八年新調 大工:大下孝治 彫師:木下彫刻工芸       本体価格:8000万円。大屋根車板に特徴がある。  ◇ 草部4町について        草部には、石橋・馬場・太井・萬崎の4つの通称町があり、それぞれ自治会         が存在する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介特別編 「西大路町」

 本日は西大路町の紹介です。                     (2007年祭礼終了後抜魂式の際画像)  ◇ 西大路町:平成元年新調  大工:池内福治郎 彫師:中山慶春       こちらも二重見送り。平成期に入り岸和田では初。     *西大路町といえば、元旦の地車曳行。そして後旗の本来三方正面  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地車紹介特別編 「小高石」

 本日は、小高石の紹介です。                  (平成十五年<2003>試験曳きの際の画像) ◇ 小高石:第一区自治会     平成元年新調 大工:池内福治郎 彫師:木下賢治、(助・十場裕次郎、中山慶春)       高石市唯一の二重見送り       「枡合」      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more