試験曳きを終えて

 6日日曜、時折雨が降る中試験曳きが行われました。

   試験曳きから4日が経ちますが、毎日の様に雨が降る愚図ついた天気が続きます。
     
    夜は夏場の蒸し暑さが無くなり、鈴虫が泣いて、夜風も吹き鳴物練習の太鼓も
     いつもよりよく聞こえるように思います。夜は風が心地よく過ごしやすくなっていると思う。

   お盆から始まった鳴物練習も、今週の余韻期間が過ぎれば終わりに向かいます。
     来週の明日からは本祭りが始まると思うとまだまだと思っていた岸和田祭りも毎年ながら
     早いものです。


* 10月祭礼地区でも、試験曳きを1ヶ月前を迎え献灯台の準備が進んでいます。
     堺祭礼地区では鳴物練習も9月から本格的に始めることでしょう。

    13日は、我孫子の新調入魂式。
      
       隆匠&賢申堂の初コンビ作品。
         隆匠の屋根にどのような木下系の懸魚が入るのか楽しみです。

    お昼からは誉田の試験曳きがあるのでどうしようか迷う所。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント